1月20日(木)【FX】ユーロドル相場環境認識『楽に勝てるトレード以外はやらない』

環境認識

ユーロドルの環境認識をしていきます。

日足


週足
ダウ→【下降】
MA→【売り優勢】

日足
ダウ→【レンジ】
MA→【買い優勢】

ユーロドル長期の流れは月足→週足が下げダウでMAも売り優勢。
その中での日足上昇転換で週足の戻り売りが入るかたち。

長い停滞の後に転換したかと思いきや再度強く売り戻されました。

4時間足


4時間足
ダウ→【下降】
MA→【売り優勢】

シナリオでは少し上の価格帯で下げ止まり→安値切上げで日足→4時間足の収束拡散で買いを短く狙う戦略ではありました。
買っていくには4時間足の安値切り上げと、MAが売り優勢から水平になるようなタイミングが理想です。
この辺のバランスが難しいですね、今は確実に安い価格帯なので安値が切り上げると上抜けする可能性は高まっています、上下にMAがあるとどうしても値動きが荒くなるので、難しくなる、それならスルーして自分の中の鉄板ポイント『比較的楽に戦える場所でのみトレードする、それ以外はやらない』でいいと思います。

そして鉄板ポイントで大きくロットを張り長くホールドする。

1時間足


1時間足
ダウ→【上昇】
MA→【買い優勢】

ここで日足のMAが上向きになりましたね、長期MAが日足なので日足→4時間足の収束拡散の買いが起こる可能性があります、ただそれにしてもやりにくい場所ではありますね(^^;

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。