【FX】3月2日(水)ユーロドル環境認識、週の流れとシナリオ

環境認識 週のシナリオ

ユーロドルの流れを見ていきます。

週足


週足
ダウ→下降
MA→売り優勢

久しぶりにユーロドルの分析をします、まずはラインを引かずにダウカウントと移動平均線の位置と傾きの把握から。

ダウはあっさりと安値を更新し下げ継続でMAは強い売りのかたちです。


誰が見ても分かる下げトレンドで、基本的には売り目線、この下に1.10200の2020年につけたネックラインが存在するので、短期的にこのライン付近まで下がる可能性はありそうです。

日足


日足
ダウ→下降
MA→売り優勢

1月の反発上昇の強さを見て安値更新はすぐすぐには無いかなと思っていましたが、ここまで週足→日足は下げトレンド継続中です。
下位足である4時間足より下の時間足は基本的に売り戦略です。

4時間足


4時間足
ダウ→下降
MA→売り優勢

デイトレを行ううえで参考にしなければいけない時間軸は全て下げトレンドです、なので反転サインが出るまでは基本その方向に追随してトレードをしていく必要があります。
次の節目である1.10200、ここタッチまでは上昇して上値ブレイクではなく上昇したら安値を割りやすい相場環境という認識です。

シナリオ

【売られる要因】
・月足→4時間足ダウとMA全て売り優勢

【買われる要因】
・進行方向に週足節目1.10200の存在

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。