【FX】4月4日(月)ユーロドル環境認識・週の流れ・シナリオ『進行方向のネックラインは順張りの脅威になる』

環境認識 週のシナリオ

ユーロドルの流れを見ていきます。

週足


ダウ→下降
MA→売り優勢

ユーロドルは下げトレンド継続中、3週間前に2017年に形成された1.08277ネックラインにタッチし反発し大きな戻り目を形成しています。

毎回引いているのでもう多くの方は気が付いているかもしれませんが、この進行方向に存在し、過去から引かれる上位足のネックラインというのは順張りにとって大きな脅威になるので、見落とさず正確に引いておいてほしいかなと思います。
何度も引いては負けてお金を減らすというのを繰り返すと「ここは突っ込んだらヤバいな」という感覚が無意識に沸き起こります、それくらいまで引き上げてほしいです。
重要視していたラインでサポートエントリーしたのに何故か毎回同じ様な場所でダマしに遭う、それはリワードを得るためだけにしかラインを引いていないだけで、リスク要因を考えたラインも引く必要があります、
トレードはいかにリスクと負けを減らしていきトータルで資金を増やして行くかにかかっています、
僕は最初の1年か2年はいかにエントリー出来る場所を探すか、勝率を上げるか、勝ちを増やすかしか考えていませんでした、どこかで気づく必要はあります。

日足



ダウ→上昇
MA→買い優勢

日足は上昇なのですが、月足→週足が下げトレンドの為上がっても大きく売り戻される傾向が続いています。
日足は高値か安値どちらが抜けやすいかというと、現状安値割れしやすくなっています、じゃあすぐ売れるのか?となりそうなんですが日足は上昇してるので押し目買いも入りやすい(^^;
なので、、日足より更に下位足の安い価格帯から短く買って、そしてジワジワ上昇して週足→日足の戻り売りでドカンと売りを狙う様なイメージですね。

4時間足



ダウ→下降
MA→売り優勢

4時間足は下げですが、嫌なのが日足の安値切り上げ、なので一旦上がって高い価格帯から。

まとめ
長期的に下げトレンドなので、売りを狙いたい場面ですが、日足の買い圧が強くなってきたため、警戒すべきは日足、一旦上昇したところを日足→4時間足の戻り売りの波を狙えるかなと思います。
買いに関しては、今のところ無しですね。

【売られる要因】
・月足→週足下げダウでMA売り優勢

【買われる要因】
・日足の安値切り上げで押し目買い
・日足のMA買い優勢

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。