【FX】4月10日(日)ユーロドル環境認識・週の流れ・シナリオ

環境認識 週のシナリオ

来週に備えてユーロドルの流れとトレード計画を立てていこうと思います。

先週のシナリオ

週足


ダウ→下降
MA→売り優勢

ユーロドルは長期下げトレンドで真下に週足のネックライン1.08277付近で反発。

日足


ダウ→下降
MA→売り優勢

日足は上下幅の激しい戻り目を作り、月足→週足が下げトレンドのため再度下げ転換です。

4時間足


ダウ→下降
MA→売り優勢

4時間足も全て売り優勢です。
なので月足→4時間足下げトレンドなので、基本は売り戦略を立てていきたいところですが、問題は真下の週足ネックラインです。
反発してデイトレレベルの上昇を作るとしたらここ起点で、だからと言ってMAも全て売り優勢でちょっとした切上で買っていくと痛い目を見るので、素直に上昇したところを戻り売りするのが一番。

まとめ
月足~4時間足全て下げダウでMA売り優勢なので基本は売り戦略です。
ただ真下の週足ネックラインが明確に引けることから意識されやすい事と4時間足が既にトレンドを作りきってMAも伸び切っているため、一度上昇し、真上の日足MAに対して4時間足MAが収束し安値を割るようなタイミングで売っていくような戦略が安全かなと思います。

日足チャート、4時間足チャート共に売りのパーフェクトオーダーを形成し、日足は収束拡散されたところなので、少し切り上げてサポートされたからといって安易に買おうとするとすぐさま陰線に変わり安値を割ろうとしてくる相場環境です。

【売られる要因】
・月足~4時間足全て下げダウ→MAも売り優勢
・日足が収束拡散したところ

【買われる要因】
・真下の週足ネックライン1.08277付近の買い圧
・4時間足トレンドが伸び切っている

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。