4/12 ユーロドルトレード『エントリーを絞る最終判断はピンバーが多い』

テクニカルなはなし リアルトレード結果

4月12日のユーロドルトレード解説です。

日足

日足から解説です、『日足の確定足』というのは結構重要で、
※実は昨日は日足の確定足まで見ていませんでした(^^;  題名のピンバーというのは1時間足の事です。

前日の日足が隠線なのか?陽線なのか?髭が長いかどうか?

例えば連日陰線で余程のことが無い限り順張りで「今日はガッツリ買っていけるだろう!」とはならないと思います。
転換するにしても陰線→間に陽線で最低2日~3日くらいは陽線で停滞等しないとガッツリは買えません。

そういう意味でも『前日の確定足』というのは重要ですし『1日にを通して次の日どちらに伸びるか』というのも判断しやすい1つの指標です。

例えば1分足トレードをしている人に”実体よりヒゲの方が2倍3倍も長い陰線で確定した1分足”を確認した後、レートはどうなりやすいでしょうか?もちろん環境次第と言えばそれまでですが、結構な確率で次のローソク足は長い陰線を形成しているはずです、相場はフラクタル(規模を変えて同じ様な現象が起こり続ける)なので日足や週足でも同じ様な現象が起こります。

1分足のローソク足というのは1分で1本のローソク足を確定させます。

すいません(^^; そんなことは言われずとも分かるという話ですが
これを仮に日足に置き換えます。

全く一緒です、ただ、これを見ると色々な考え方が出来ます。
少なくとも堅いローソク足(売り時の上髭陰線など)が日足で確定した場合、

「何日間も停滞して下落する」とはなりません

何故かというと、これを読まれている方が得意とする時間足で同じプライスアクションが起これば「すぐに落ちやすい」
となるはずです。

上の図のようなプライスアクションは殆ど見ません、見ないという事は

日足なら次の日にブレイク
週足なら次の週にブレイク
する可能性が高い

という風に柔軟に考えるようにしていきましょう。

4時間足

1時間足

15分足

5分足

1時間の前足確定を見てエントリーしたトレードです、なので5分足だけ見るとMAのルールがやや雑です。

以上です、ありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。