【FX】4月16日(土)ドル円環境認識・週の流れ・シナリオ

環境認識 週のシナリオ

来週に備えて週の流れの把握と戦略を立てていきたいと思います。

先週のシナリオ

週足


ダウ→上昇
MA→買い優勢

ドル円週足は6週連続で大陽線で確定。
ここで一旦調整が入るかなと分析し続けて1か月くらい経ちます(^^;
これだけ強い上昇トレンドが継続している以上「もうそろそろ」という淡い考えはありません、基本は買い戦略で10年単位の節目で複数ある月足の高値にタッチしています。

日足


ダウ→上昇
MA→買い優勢

日足も上昇継続、木曜日に上髭陰線を形成しましたが金曜日に陽線で捲られ買いの強さが伺えれます。
日足以上は全て上昇、スイングとデイトレの売りは自殺行為の相場が続きます。

4時間足


ダウ→上昇
MA→買い優勢

デイトレの上位足は全て上昇トレンド継続中です。
なので安値は割り辛く、まだ高値ブレイクしやすい相場環境です。

ちょっともう日足MAに近づくような調整をしてくれないと怖くて買っていけないです(^^;

まとめ
来週大陰線を作るか?と言われると思い当たるのは月足の節目です、ただそれだけで売っていくのは根拠が少なすぎるので
素直にトレンドに従い買い戦略で臨んだ方がいいですね。

押し目買いは日足のMAになるべく近づき125.100付近のサポート帯と重なるようなタイミングが望ましいかなと考えています、もしくはもう一つ上のレジサポライン。
買いが危険になるのが月足節目タッチからの、今まで数日分の買いを大陰線で捲ってくるような値動きを見せた時です、そうなると高値が切下げ判定されダブルトップの形になり押し目買いをしようとしてもダラダラと下げていく相場に変わります、それでもやはり売りは狙いにくく、基本は買いです。

【売られる要因】
・超長期の月足節目
・週足と日足MA乖離

【買われる要因】
・月足~4時間足全て上昇ダウでMA買い優勢


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。