【FX】4月16日(土)ポンドル環境認識・週の流れ・シナリオ

環境認識 週のシナリオ

来週に備えて週の流れの把握と戦略を立てていきたいと思います。

先週のシナリオ

週足


ダウ→下降
MA→売り優勢

ポンドル週の流れは下です、1.30135付近の月足節目に止められていて、ユーロドルの少し似た相場環境です。

日足


ダウ→下降
MA→売り優勢

日足の流れは下です、ただ水曜日に節目タッチから急騰し、やや下げ幅が減少してきました。
ただ日足は売りのパーフェクトオーダー継続中で上がっても売られやすい相場環境です。

4時間足


ダウ→レンジ
MA→レンジ

底から急騰→上昇し細かい戻り高値を更新。ただ長期足のダウは下向きでMAも下向きで真上に存在しているため売り戻され再び高値が切り下げて安値を割りやすい相場環境に戻りました。
ただ今まで少し上昇→4時間足MAで売られる→この傾向が続いていましたが、急騰によって変わる可能性があります。

ポンドルもユーロドルと似たような真下の節目にタッチしているため売りは限定的で日足の安値が切り上げてMAを上抜けしてくると日足の上昇転換を起こす可能性があります、ただ長期の目線は下で変わらずです。

まとめ
全ての時間足で下げトレンドなので基本は売り戦略です。
日足のMAが真上にあり高値を一段下げてきているので、買いはもう一段下に割れてから急騰→ジリ上げから日足安値が切り上げてMAの脅威も限りなく無くせば検討出来そうです。

【売られる要因】
・月足~4時間足全て下げダウでMA売り優勢
・4時間足の高値切り下げ
・日足MAと4時間足MAが収束している

【買われる要因】
・1.30135の節目
・13日の急騰


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。