7月28日ドル円相場環境認識:NY時間しかトレードできない方へ

Uncategorized


Yusukeです^^

今日はTwitter上で取り乱してしまい申し訳ありません。
これで最後とします。

4時間足

長期ダウは下げ継続、高値の切下げが追い付いていないので
中期的にはもう一段ズドンと落ちると踏んでいるんですが、ただそれがどのタイミングなのかは分かりません。

一つはこの4時間足の短期MAが追い付きそこから切下げて再度戻り売りされるパターン。
移動平均線が近くにないとどうしても落ち着かないんですよね。
基本的に売買するときはサポレジされるラインが近くにあることと移動平均線が近くにあることが望ましいです。

短期は直近で安値がやや切り上げているので、ここでもう一度踏みとどまって切り上げると売るには良い形になりそうです。

移動平均線は全て下向きでレートも下、完全に売り優勢相場です。

1時間足

長期は売り継続中、短期が上昇から安値割れ。
うーん売りたいけど、乖離していることや高値の切り上げ方が嫌なので静観。

移動平均線は長期、中期は売り優勢で戻り売り待ち、短期が水平のレートは下

ドル円落ちそうですが、いつも思うのは東京、欧州、NYオープン時間に伸び切った場所でスタートするのが一番厄介で、こういうパターンは割と頻発します。

特に、会社員の方でNYオープンしか監視できないという方は大勢いらっしゃると思うので、ここでは必ず一貫してほしいことがあって。

『自身の中でトレードスタイルが決まっている場合NYでトレードすると決めたら絶対にルールを守る』

という事です。
仮に帰宅前19時20時にレートがシナリオ通り伸びてしまった場合、その時は潔く諦めてくださいという事です。

チャンスは今後いくらでも訪れるので、それに市場は自身の生活スタイルには合わせてくれません。

1日中監視できるから勝てるかというと、全然そんなことはなく、むしろ大半は余計な取引をしてしまい、結果マイナスになるのがほとんどだと思います。

そういう意味では、ある意味固定した時間しかトレードできないというのはある意味有利に働く場合もあります。

そういった環境をマイナスに捉えるのではなくプラスに捉えることによって必ず心境にも変化訪れ、少し時間はかかるかもしれませんがトレードの成績は安定してくるはずです。

大切なのは「一貫性」と「安定」なので、ここだけを意識して見てください。

********
【参加無料のトレードの悩み相談コミュニティ】
https://discord.com/invite/5pxHjYH

YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q

サブチャンネル(相場分析用)
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw

ブログ
https://fxvietnam.home.blog/

note
https://note.com/yunasunakeho

おススメ検証ソフトフォレックステスター4
※正規代理店より30ドル~安く提供しています。
https://forextester.jp/special?partner=FX_Yusuke

ソフトフォレックステスター4アップグレード
https://forextester.jp/upgrade?partner=FX_Yusuke


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。