【FX】5月21日(土)ドル円環境認識・週の流れ・シナリオ

環境認識 週のシナリオ

来週に備えてドル円週の流れの把握と戦略を立てていきたいと思います。

先週のシナリオ

週足


ダウ→上昇
MA→買い優勢

週足は上昇トレンド継続で2週続けての陰線終りで調整が入っている相場環境です。
MAは乖離していますが基本は超長期は落ちたら買いが入りやすい、買い目線は変わり無しです。

日足


ダウ→下降
MA→売り優勢

日足は12日の急落で安値を割り、ファンダメンタルの下げに伴って下げ転換から続落です。
日足下げトレンドに入ったのですが12日の安値に引っ掛かり超長期(週足レベル)が上昇トレンドのため、ここをすぐに下抜けるとはちょっと考えずらいです、ただ売りの勢いもあるので短期ではまだ売りが優勢です。

4時間足


ダウ→レンジ
MA→売り優勢

4時間足は日足下げトレンド確定で追随、週の後半伸びて12日の日足ネックに引っ掛かり安値が切り上げて売り優勢のレンジです。
超長期は上昇なので、それに伴い4時間足の安値が切り上げてくるとひょんなことから上昇に転じやすいですが、真上からは日足と4時間足の下げダウとMAが迫ります。

スケジュール
2022/05/23 月
2022/05/24 火
2022/05/25 水
2022/05/26 木
2022/05/27 金

まとめ
超長期は上昇なので下がった場所では買い圧が予想されますが、直近急落を含む日足が下げ転換した事により日足下げトレンドは継続と判断、週足MAに日足MAが収束に向かう様な値動きになるのではないかなと思います。

127.510に日足のネックラインが有り、ここを抜けるためには再度日足MA→4時間足MAが収束しないと厳しいと思います。
①超長期の上昇に伴った4時間足の切り上げの短期買い
②日足→4時間足の再度戻り売り

この2つが来週狙えるかどうかの波、もちろんこのままの勢いで下抜けするかもしれません、その時は戦略練り直しです。

【売られる要因】
・日足下げトレンド
・4時間足MAが真上
・日足→4時間足MAが拡散して間もない

【買われる要因】
・月足→週足が上昇トレンド
・127.510の日足ネックライン

シナリオ
4時間足

1時間足

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。