【FX】6月11日(土)ユーロドル環境認識・週の流れ・シナリオ

環境認識 週のシナリオ

来週に備えてユーロドル週の流れの把握と戦略を立てていきたいと思います。

先週のシナリオ

週足


ダウ→下降
MA→売り優勢

週足は下げトレンド継続です。
気になるのは2週間3週間前の急騰で、この買い圧は週足安値を切上てくる可能性が高くなる値動きであり、すんなりと安値更新はさせてくれなさそうな値動きです。

日足


ダウ→下降
MA→売り優勢

日足は週足と日足MAの収束で再度下げ転換です。

4時間足


ダウ→下降
MA→売り優勢

4時間足は上位足の売りが加速し大きく伸びたところです、MAが乖離しているのと週足安値切上げゾーンで買い圧も入りやすい相場環境です。
短期的に売りを狙い週足の安値切り上げから4時間足、1時間足の安値切上げMA買い優勢で短めの買いを狙えるかどうか。

まとめ
超長期、長期は下落トレンドですが、6年前の安値タッチ後の買い圧と5月月足が買いの反発形、週レベルで停滞し安値が切り上げる可能性があり、直近は売り圧が更に加速したので売りは狙えそうですが安い価格帯からは担がれやすくなっていて、逆に下げ幅を減らし買いのパータンの条件が揃ってくれば週足切上げから4時間足もしくは1時間足の安値切上げで短く上昇転換の初動を狙える可能性があります。

【売られる要因】
・月足→1時間足が全て上昇ダウでMA買い優勢
・週足と日足の戻り売りで売りが加速

【買われる要因】
・1.034の6年前の安値タッチ後の反発上昇
・5月月足下髭陽線確定
・週足安値切上げゾーン

シナリオ
4時間足

1時間足

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。