【FX】6月18日(土)ドル円環境認識・週の流れ・シナリオ

環境認識 週のシナリオ

来週に備えてドル円週の流れの把握と戦略を立てていきたいと思います。

先週のシナリオ


週足


ダウ→上昇
MA→買い優勢

週足は下髭陽線のピンバー確定で上昇継続。

週レベルで売られる要因と言えば真上の20年前節目135.190です、これは引き続き変わらず。
上げ幅も特に減少している訳では無いので買い目線で。

日足


ダウ→上昇
MA→買い優勢

日足も上昇継続です。
節目タッチ後それなりに大きな調整がありましたが前回高値と日足MAタッチが重なる場所で反発し1日でまくり返しています。

4時間足


ダウ→下降→上昇
MA→買い優勢

4時間足は超長期月足から週足→日足の押し目買いを伴ない再度上昇転換しMAも一気に上抜け。
この形を見ると短く停滞し再度上を目指しそうですが、短くと言っても時間軸次第です。

スケジュール
2022/06/20 月 米国休場
2022/06/21 火
2022/06/22 水
2022/06/23 木
2022/06/24 金

まとめ
ダウトレンドとMAは全て上昇継続のサインが続いているので買いは買い、ただ節目タッチ後の反発が思ったより強く、それも20年前の明確な高値なので素通りするとは思えないです。
135.190の節目を背にまだ何度か下落転換を起こすはずです。
狙う波としては

①超長期の節目の売り圧を背にした4時間足、1時間足の下げ転換の売り
②下落後に週足→日足の押し目買いを伴なった4時間足→1時間足安値切上げ→上値ブレイクに向かう買い

【売られる要因】
・135.190の超長期節目
・節目タッチ後の急落

【買われる要因】
・月足→1時間足全て上昇ダウでMA買い優勢
・先週末の下げ全戻しの値動き

シナリオ
4時間足

1時間足

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。