【FX】6月18日(土)ユーロドル環境認識・週の流れ・シナリオ

環境認識 週のシナリオ

来週に備えてユーロドル週の流れの把握と戦略を立てていきたいと思います。

先週のシナリオ


週足


ダウ→下降
MA→売り優勢

週足は売り継続で6年前の安値タッチで反発し安値が切り上げるかどうかというところです。

日足


ダウ→下降→安値切上げ?
MA→売り優勢

日足は下げ継続、真下の節目で反発し直近最安値を割らず日足レベルの安値切り上げが起きそうです、ただMAは真上から迫ってきており、これまた難しいかじ取りにはなりそう。

4時間足


ダウ→レンジ
MA→買い優勢

4時間足ダウトレンドは一度上昇に転じましたが日足以上の売り圧によって再度高値切り下げでレンジです。

まとめ
週足や日足などの長期足が安値切り上げるかどうかというところなので、それらの時間足が切り上げる安い価格帯では買いが入りやすいものの、流れは下で変わっていないのでトレンドに追随するべきです。狙えそうな波としては

①6年前の安値反発で日足が切り上げて直近の4時間足急騰を伴なったダブルボトム形成に向かう波

②上昇した価格帯には長期流れに沿った週足と日足MAが控えているので、そこで週足→日足→4時間足の戻り売りの波

【売られる要因】
・月足→週足→日足が下げトレンド
・週足と日足MAが売りの形で近く収束している

【買われる要因】
・1.034の6年前安値タッチ後の反発上昇
・5月の確定足が下髭陽線
・週足と日足の安値切上げゾーン
・直近4時間足の急騰

シナリオ
4時間足

1時間足

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。