9月10日ドル円相場環境認識

Uncategorized


Yusukeです。
ブログ続けますね笑

小話も増やしていきます。

ドル円

4時間足

猛烈にやりにくい笑
4時間で安値割って、高値も切下げたとおもいきや、押し目買いが入り
再びサポートされてきましたね。

それだけ見ると、下否定の買い継続の形にも見えます。
ただ移動平均線長期は依然売り優勢
中期も微妙な所。傾きは下ですがレートは上
短期は売り優勢。

このラインでうまいことレジスタンスされれば継続売りの下位足ダブルトップを形成して売りやすい形だったんですが。

と思ったら指標で割ってきましたね。

1時間足

下に行くと思いきや、これはネックライン再度高値切上で下落トレンドはいったん終了と判断しています。
ただ4時間足では下落トレンド成立で、直近の高値も突破されておらず、移動平均線売り優勢なので、ここから一気に上がっていくとは考えずらいです。

売るにしても、ここで停滞し上がりきらずに安値を割ってくれば安値割れと、高値も再度切下げ判定がされると思うので、そこから売っていく。

買うなら、移動平均線の優位性が高くないので、切り上げていき節目で明確にサポート転換を確認してからになりそう。

15分足

これは、、指標で下抜けて売れたパターンかもしれませんね。
ダウは本格的な下落トレンド開始、ただ節目が少し気になりますがレジスタンスされるのも時間の問題なので、ここで上がりきらなければ続落する可能性はある。

ただわずかに直近高値も更新しているので、買い反発も強い事から、ここはやはり上位足で押し目買いと判断される場所。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。