10月21日(水)言葉を大切にする理由

Uncategorized

ユースケです。
ちょっと昨日今日は遠出しておりトレードができないので、環境認識はお休みさせていただきますが、ただブログは毎日更新すると決めたので続けます。

なにを書こうか迷ったんですが
普段僕が大切にしていることにしようと思います。

僕は『言葉』を物凄く大事にしています、FXを言語化すること?もそうですが、もっと根源的なところです。
もっと踏み込むと言葉を発することによって湧き上がる感情を更に重要視しています。

結論から言うと、言葉が自分の全てを決め、結果の発端は全て言葉から始まるということです。そして体に異変をきたしたり、やる気の有無、疲労も言葉から来ているということ。

以前仮想通貨トレードで10分かそこらで500万円の損切をした瞬間から1か月間、咳が止まらなくなった話で。
やらかしてしまった瞬間、「うわ、終わった、ダメだ」と言葉に発し、そして絶望感という名の「感情」が沸き上がったその時、声が出にくくなって咳が出る、そして何故か治らないという事態に陥りました。

ただ体はその言葉と強い感情を反映したに過ぎないということです。

そしてそういったことを知ってから、人に悪口を言わないようになりました。
悪口を言ってしまった方で、思い出してほしいのですが、その時どんな「感情」になったでしょうか?

重要なのは「感情」です。
多分相手も嫌でしょうし、また自分に対して何とも言えない後味の悪い嫌悪感みたいなものが沸き上がってきたはずです。

その負の感情は間違いなく自分を蝕んでいき、必ず自分に何らかのかたちで返ってくるはずです、というか大体悪いかたちで返ってきましたね。
これをトレードに置き換えると

よくある例が
「初心者です」
なのですが

初心者と自分で言い切ってしまうと、いつまでも初心者なりの学び方しかせず、初心者であることを肯定しつづける行動をとってしまうので中々上達速度というのは遅くなりがちです。
※もちろん嘘を言えばいいと言っている訳ではありませんよ笑
そこを脱したければ別の言葉に置き替えたほうがいいですよという意味です。

ちなみに僕は半年目です、という風に言っていたと思います。
だけど腹の中では「今はたまたま経験が足りないだけで勝てるようになるのは時間の問題」という風に思っていました、ていうか毎朝言葉に出して過去のスポーツなどの成功体験を思い出させて、その時の感情とマッチングさせていたという流れです。

プラスの感情とです。

また、よくネガティブなご相談をいただくんですが
それも出来れば自身のためにも止めてほしいと思っています。

結局、お金がない、何をやっても上手くいかない、難しい、忙しい、、
これらは確かに現実としてはそうなんですが、ただ言葉に発したところで改善はされません、むしろその現実を維持し続けてしまう言葉なので、替える必要があります、僕は替えるように心がけています。

FXは確かに難しいですが、何かあれば難しいと言う方は、絡まったコードを余計に絡ませているように見受けられます。
僕は必ずシンプルに考えようという風に心がけていて、
※もちろん簡単という意味ではないですよ。

まずやってみて、全体を見る、そして全体からアプローチしようとすると相当難易度が高いというのがある程度理解できるはずです、そこから一気にやろうとするのではなくて一つ一つを細分化して考えるようにしています。

これは例えば仕事でも同じことが言えると思います。
急にやったことが無いプロジェクトを任されたとしても、結局それを細分化してみると、今まで経験してきた仕事を組み合わせていけば、割と大きな壁にぶち当たらずに進めれるはずです。

何が言いたいのかというと
その難しいものに対して、難しいと言ってただただややこしい難しいだけのものとして終えてしまうのか、それとも少しでもシンプルに簡素に出来ないかどうか?という言葉に替えて出来る理由を見つけ出し、最終的にそれを乗り越えれるのか。

それは普段から発している言葉が大きく関係していますよという事実を伝えたかったというわけです。
ハッキリ言って言葉を替えたらそんなすぐすぐには解決出来たりしません笑
だけど今まで出来ない理由ばかりを探していた自分とは違ってきているということです、時間をかけて確実に変わってきます。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。