10月30日(金)ドル円相場環境認識:エントリー考察:日経225環境認識

環境認識

Yusukeです!
今週も最後ですね、皆さんトレードの方はどうだったでしょうか?
僕はツイッター投稿頻度を一時より低くしているのですが、理由としては色んな声が届くようになってトレードのパフォーマンスが落ちてしまった事が一番大きな理由です。

ただ、FXやトレードの発信はしていきたいのでコツコツと色々と進めていきます。
で、ツイッターの頻度を減らしたらやはり成績もV字回復してきたんですが(^^;
そう考えると、いかにメンタルが大切になってくるのかが実感できました。

SNSは多分慣れですね笑

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    かんたんにお伝えしていきます。
    5分、15分足のデイトレを行うために
    長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。

4時間足


長期トレンドは下落継続。
下に抵抗帯があると言えばあるんですが、日足レベルの下げ勢いを見るともう一段ズドンと落ちそうではあるんですが
ただ選挙も控えており、この下を割ってくるかどうかは微妙、そして昨日の急騰で安値更新はし辛くなったので高値安値共に更新幅減少と見ています。
※あくまでも減少であって下げトレンドが終了したわけでは無いですし、もちろん上昇トレンド転換もしていません。

移動平均線は長期と中期は売り優勢
短期は昨日レートが上抜いたんですが、下向きのため大きく売り戻され再度下向きになり売り優勢。
15分レベルの買いと売りは今は厳しい印象。

1時間足


1時間足長期トレンドは下げ幅減少後のNY時間で一気に戻り高値を越えてきて下げトレンド終了。
ただ超長期は売りが強いので、やはり売り圧も強い。

ここで意識してほしい事は
この大きな売りで「やはりまだ下げトレンドは継続している」と判断するのか
「高値を越えて下落トレンドが終了し、再度売られるかもしれないが、下げ止まり安値を切り上げてくるかも」
と単純に2パターンが思いつくつ思います。
この僅かな思考の違いがその後のトレンド転換の初動を取れるかどうかが分かれ目の一つでもちろん再度高値と安値を切下げてネックを割るようであれば売りを考えます。
1時間足は短期が上向きですが、中期と長期は売り優勢のためどうしても上値は重くなりがち。

ドル円昨日のエントリー考察

日経225考察


日足です。
高値更新幅減少後、日足でも認識できる安値を割ってきましたね。
このダラダラ上げの後は戻り目もつけずに一気に下げる可能性もある。

移動平均線は長期買い優勢
中期もまだ上向きのため買い優勢
短期は売り優勢です。


4時間足です。
長期下げトレンド継続中で下の節目に当たり反発。

移動平均線は長期週足が買い優勢。
短期と中期は売り優勢。

狙うは週足が売り優勢の戻り売りスイング。
もう少しかかりそうです。

********
【参加無料のFXコミュニティ】
https://discord.com/invite/5pxHjYH
YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
ブログ
https://fxvietnam.home.blog/
note
https://note.com/yunasunakeho

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。