10月31日(土)FXの手法よりも先に相場の環境認識を学ぶ理由

FX初心者

環境認識というのは簡単に言うと相場の流れを把握して
自分が得意とする、鉄板パターンだとする場所を見つける行為と認識しています。

まず結論から言うと僕は『手法を学ぶより先に環境認識を学ぶべき』と考えています。

理由はご自身が一番わかっているはずですで、
手法は勉強した
ラインもチャネルもMAもフィボナッチも順張り逆張りその他用語諸々

だけど勝てない、、

トレーダーの悩み

トレーダーの大きな悩みというのは
「結局今買いなのか売りなのか分からない」

これを明確にするためには先ほども言った、まず上位足のトレンド方向を把握する
把握する方法というのは色々あると思いますが、
僕は基本的にダウ理論の高値安値の考え方をベースとしています。

判断方法はなるべくシンプルに

これもやりがちですが、手法を複雑にしてしまうと方向を判断する時もやはり複雑にしがちになります。
オシレーターのサインやその他インジ、ツール、ファンダ‥等
ここでは極力少な目(多くても2つ)くらいにしてください。
理由は再三出てくる『迷う』からです。

トレードで迷いというのは大敵で
そもそも迷ったらエントリーはしない、ポジションを持って迷ったら手仕舞いするくらいの割り切った決断をする必要があると思っています。
そして流れが把握できていないという事は、いざとなると迷いが生じるので、それはトレードするな、のサインと捉えることが出来ます。

それだと当然トレードをやっている意味が無くなるので迷いを完全には無理ですが、ただある程度排除する必要があります。

まずは基本ローソク足だけで把握


え、インジが無いと不安、となりそうですが
ここではまず相場の流れの把握です。

5分足でトレードする場合は2つ上の時間足が一致した時なので
このチャートは1時間足になります。

あれですね、ぼくがいつも言ったり書いたりしてるあの画像です^^
売り相場です。

次が安値を切り上げてしまう、もしくはいつものパターンは高値を切り上げてしまい下落トレンドが終わったけど上昇トレンド転換も確定していない方向感無しゾーン。

次はダウの上昇トレンドの定義が成立したゾーンです。

もちろんすんなりこうならない事もあります、そういった相場は手を出さないと判断しましょう。

実践


と、その前に
流れが把握できていない状態で下位足である5分足を見てみます。

急に上げたと思ったら、やっぱり強く売られてきた。

と思ったらまた上げた、あれ高値切下げた?売りなのかな?やっぱり急落した。

レンジになったと思ったらなんだか上げそうだな、あ、やっぱり上昇していっちゃった。

以上が流れ、方向が把握できていないパターンです、あるあるだと思います。
次はシンプルに流れが把握できているパターンです。
という事は同じ状況下でも、ここは『目線は買い』で固定できているはずです。

ここでやっと僕の手法である安値の切上(Wボトム)や移動平均線の優位性、水平線、時間帯などを駆使してテクニカル分析をしトレードをするといった流れです。

まとめ

要はローソク足というのは誰もが見ているモノです、証券会社によって数pipsの誤差はあるのかもしれませんが基本的に同じチャートが表示されているという事。
という事は同じ流れを形成しているという事。
そしてその流れを把握する作業『環境認識』をしてからご自身の手法を当てはめてトレードをしてみると、少なくとも『迷い』は和らぐはずです^^

流れを把握した上での王道の順張り、逆張り、ナンピン。また使用するインジもSMA、EMA、RSI、一目均衡、ボリバン‥等
十分応用可能だと思います。

********
【参加無料のFXコミュニティ】
https://discord.com/invite/5pxHjYH
YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
ブログ
https://fxvietnam.home.blog/
note
https://note.com/yunasunakeho

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。