【FX】順張りトレーダーが負けやすい場所と解決策②【移動平均線と値動きの関係を理解する】

移動平均線 FX初心者

Yusukeです。
今回のブログでは前回(2020/12/27)に書いた『順張りトレーダーが負けやすい場所と解決策①【上位足トレーダーが参加する押し目、戻り目まで待つ】』
の続きで移動平均線と値動きの関係を理解することで『負けやすい場所』というのを本質的に理解出来、
結果『無駄打ち』を減らすことが出来ます。

前回のおさらい


前回のブログでは買う場合『上位足の押し目を待つ』、売る場合『上位足の戻り目を待つ』という内容を書きました。
前回のメインはダウ理論での話

そして最後に移動平均線の乖離中は手を出さないと書き終了し
今回それを詳しく解説します。

移動平均線を使って負けてしまうよくあるパターン

以前にツイートした内容です。

  • 買いのパターンで説明
  • 売りのパターンで説明

買いのパターンで説明
順序だてて説明します。

①大きな急騰が起こる
②直近の戻り高値を更新し下落トレンド終了

上は波形ですが、ではこうなると次は下のように考えれると思います。

問題はここから先

これは前回のブログでも解説した『上位足の押し目ではない』という事も当然関係しているのですが、
今回は移動平均線なので、

長期の移動平均線に対して中期が乖離している

という事です。

売りのパターンで説明
売りの場合も買いと同じですね。

で、大体その後思惑通りに行くことが多いと思います。
これで何度悔しい思いをした事か。

これが起こる要因なのですが、そもそもボラが無い時間帯‥等ありますが、大きいのが移動平均線。

移動平均線は遅行指標

移動平均線というのはそもそも設定期間の終値の平均値です。
※ここでは単純移動平均線(SMA)
10SMAなら、過去10本分の終値の平均値
20SMAなら、過去20本分の終値の平均値
40SMAなら、過去40本分の終値の平均値

移動平均線の短所
レートの形成後に移動平均線が表示されるため、既にトレンドが形成された後
なのでそのトレンドに乗り遅れがちになるという短所が一般的ですね。

ただこの短所というのは、経験を積むと逆に強みに変わってきます。

遅行型という事は?

まずチャートを見てもらいたいのですが。
以下は上から10SMA→20SMA→40SMA→80SMA→160SMA→320SMAです。

これは何が言いたいのかというと
当然ですが『期間が短ければ短い程、直近の値動きを重要視する』ので値動きが激しくなります、要はくっついて離れない状態。
これが『期間が長ければ長い程、ゆるやかになる』ので、MAというのは遅れて買いなら山、売りなら谷を形成します。

①急騰が起こり、下落トレンドが終了して、次は安値切上げを待ちます
②しかし、この①の急騰に対してのMAというのは遅れて形成されるはずなので、すぐすぐに買ってはいけません
なぜ買ってはいけないのかというと

まず抑えるべきポイントは
・相場は同じパターンを繰り返すという事は自ずとMAも同じパターンに集約される
・MAが上向きの時は買い優勢、下向きなら売り優勢
・拡散→収束→拡散(ここを売買ポイントとして狙う)

ではどうすればいいのか?

まず余計な設定値を消して、短期、中期、長期だけを残しますね。

しまった、、チャートいつの間にか変わってましたね、こちらですm(__)m

もうだいぶ理解されてきたのではないかなと思います。
以下のチャートは無駄打ちが多い箇所と、本来買っていく場所とをエリア分けしています。

ローソク足を消してみる。

ローソク足を消すことで、本来の移動平均線の姿が手に取るように分かります
という事は、移動平均線の優位性も分かりやすく可視化されるという事です。

手順を説明

  • 買いのパターン
  • 売りのパターン

買いのパターン

①波形の第1波である急騰が発生
(この急騰は取れない)(ここで慌てて高値掴みするパターンが多い)
②調整である下げを確認
(ここで押し目と勘違いし待てずにエントリーしてしまう場合が多い)
③は①の上昇のMAであり、必ず山を形成しきるのを確認

④長期に対して中期の収束を待つ
⑤中期に対して短期の収束を待つ
⑥レジサポ、下位足の安値切上げを確認
⑦下位足の高値(ネックライン)ブレイクで買いエントリー

売りのパターン

①波形の売り第1波である急落が発生
(この急落は取れない)(ここで慌てて底値掴みするパターンが多い)
②調整である上げを確認
(ここで戻り目と勘違いし待てずにエントリーしてしまう場合が多い)
③は①の下落のMAであり、必ず谷を形成しきるのを確認

④上位足の高値切り下げ確認
⑤サポレジ→下位足の高値切り下げ確認
⑥長期に対して中期が収束→拡散に向かう
⑦中期に対して短期が収束→拡散に向かう→下位足の安値(ネックライン)割れで売りエントリー

以上です
今日もありがとうございます。

********
▼過去ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼ゴゴジャンブログ
https://www.gogojungle.co.jp/finance/navi/series/1265
▼YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
▼サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。