【FX】トレードをするのに年齢は関係あるのか?

FX初心者

Yusukeです!
バタバタして中々トレードをする時間が取れませんが、明日の欧州くらいから何とか開始出来そうです。

トレードをするのに年齢は関係あるのか?

『結論』
絶対関係ないとは言えないです。

そもそも証券会社によっては口座開設の上限が設定されている場合が多いので、※70歳もしくは80歳くらい。
70歳以下から考えてみます。

  • 監視時間
  • 取引スタイル
  • 検証時間と期間
  • リスクリターン
  • 人生経験
  • 実際のFXを始めた年齢

監視時間

結論

時間足が大きくなればなるほど監視時間は少なくなる傾向

僕の手法の場合だと
1分足で東京、欧州、NY合計の平均4時間
5分足で東京、欧州、NY合計の平均2時間

そして
15分足以上に限っては毎日チャンスは無いため更に少なくなります。

長い時間チャートを見るという事は『集中力』当然人によりますが加齢とともに衰退する能力であるため、監視する時間は短ければ短い程有利という事になります。

取引スタイル

結論

年齢が高くなればなるほど時間足を上げてトレードしたほうが有利です

これは1分足、5分足、15分足、1時間足全て同じ手法でトレードした僕の経験上から言えます。

※秒スキャや1分足スキャルになるとコンマ1秒差が勝負の分かれ目になりやすい
加齢とともに反射神経も鈍くなりがちなので1分以内に取引が完結するようなスタイルは向かない可能性が高い。

僕が何故1分足から5分足、15分足へと時間足を上げたかというと、勿論今は全然問題無いのですが、ゆくゆくは不利になるであろう短期足以外の長期足(5分足、15分足以上)に慣れるためというのも理由の一つです。

高値安値更新速度やインジなど相場の優位性がコロコロ変わりやすい
これは実際様々な時間足でトレードした結論なのですが、短い足であればあるほどトレード回数は増えがちですが、
その分『短期間で相場環境が変化しやすい、方向が変わりやすい』という厄介な事実があります。。

※ただし、資金が少ないが勝てる技術を有している状態で利益性や効率よく資金を増やす場合は時間足は小さい方がいいです。
試行回数(トレード回数)が増えるため。
もちろん技術が無ければ減るスピードの方が早くなるというデメリットもありますが、、

検証時間と期間

結論

最初の1年2年は検証や実戦で張り付く必要があると覚悟する

特に検証は超長期間に渡ってダラダラするのは良くないため、短期で(といっても半年は欲しい)集中してほしいです

リスクリターン

リスクが取りやすいのは?
これは当然ながら若ければ若い程有利なのは間違いないです。
一発ガツンと利益を取れるようなトレードが出来るのは若い方が有利ですが
FXというのは丁寧なトレードを繰り返し複利運用していくものであるため、最初は微益でも後々大きな利益を上げることが出来る可能性を秘めているものでもあるため【一発ガツン利益】は必要はありません。
※もちろんFXというのは小資金からハイレバで一気に増やすという一般的なイメージは強いですが、
実際それで生涯収支トータルプラスに持っていける人は極々一握りという事実があります。

体力的なハンデをフォローする人生経験がプラスになるかマイナスになるか

人生経験をプラスで積んでいれば見識も広がっており、結果相場においても適切な判断を下せれる可能性は高くなり、人から学ぶ時も素直になり上達も早くなります

逆に、その経験が過度な保身やプライドを高くなってしてしまったりすると学べるものも学べなくなり、結果老害化して上達できないという事にもなりかねません。

「年齢は関係ない」とシンプルに考えることが出来れば【年寄り=判断力が鈍る】という思い込みも薄れるはずです。
そもそも若い人であっても9割9分以上は数年にわたって安定して稼げることは出来ないため結局本人の気持ち次第な所もあります。

実際のFXを始めた年齢

僕がFXを始めたのは32歳で専業になったのが34歳、教えている方の半分以上は僕より年上で、意欲もあるため検証も集中して続き、『丁寧で落ち着いたトレード』が出来ているためデモトレード、
リアルトレード共にトータルプラスに持っていけるという事は、よくある30代からは?40代からは?という疑問は打ち消されています。むしろ若い人より『資金を守る』という考え方を重要視しているため
負けを減らしトータルプラスにもっていくFXという金融商品は若い人より向いているんじゃないかな、と人に教えることで最近強く感じています。

あとがき
バタバタして内容の薄いブログになって申し訳ないですm(__)m
落ち着けばもう少し時間を確保していこうと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。