1月29日(金)【FX】ドル円相場環境認識:東京OP前『移動平均線の並びを重視する』

環境認識

おはようございます、Yusukeです。
今日もよろしくお願いいたします。

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

東京OP前ドル円環境認識

1時間足


ダウトレンドは直近最高値をつけさせた安値を割っては来ましたが、規模が小さいのでまだ上昇トレンド判定。
引き続き104.392付近の日足ネックの節目の強さと、ここは週足の移動平均線が売り優勢の場所で、昨夜の売りで一段下がったように見えます。
ここで数時間停滞するようなことがあれば、高値が切り下げてしまい、一気に売り優勢になる可能性はあります。

ただ日足、4時間足は今から上昇トレンドというところなので、1時間足の売り目線というのは限定的と思われます。

15分足


15分足は昨夜の売りで高安値を切り下げましたが、下の節目でサポートされ再度上昇転換、高値圏でやや方向性が無い状態。

上の節目が強く、1時間足でも解説した通り長くここで停滞してしまうと高値が高値が切り下げるので、そうなると次は
1時間足でサポートされていたラインをレジスタンスに変えてくる
1時間足の移動平均線が売り優勢になってくる
こうなると5分足では短めでも売りが狙えれる状況になってきます。

5分足


仮に買い目線で良い形になっても、上に長期の移動平均線が控えていれば何もしません。
その形になり負けると物凄く後悔するだけですし、チャンスはいくらでもあるため。

パーフェクトオーダーを狙っている訳では無いですが、やはりレートが伸びるにはそれ相応の根拠が無いといけない。

********
▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
▼サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
▼Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。