2月18日(木)【FX】ドル円相場環境認識:東京OP前:欧州OP前::NYOP

環境認識

追記)NYオープン

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

NYOPドル円環境認識

1時間足


1時間足ダウトレンドは欧州時間ダラダラと下げて下降トレンド継続中ですが、4時間足が押し目買いポイントという事と、どうしても節目が集中しておりすんなりと落ちてくれない。

15分足


ダウトレンドは高値を僅かに切り上げてきたため、下げトレンド終了。
移動平均線の優位性は1時間足が売り優勢で15分足が買い優勢で挟まれた形。
上下に節目がありMAにも挟まれている相当やりづらい形です、今日は日経を少しトレードしたので、NY時間はこのままトレードせずに終了しようと思います。

以上です
今日もありがとうございました。

********
▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
▼サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
▼Twitter

=============

追記)欧州オープン

欧州オープン時間が近づいてきたので環境認識をしていきます。

欧州OP前ドル円環境認識

4時間足


まず日足は上昇トレンドが本格継続中です、4時間足は上昇ダウトレンドでネックにネックラインにサポートされ106.101付近の週足で確認できる節目に当たり上値が重い状況。
長期的に見て買い目線継続中です。ただここでのレンジ停滞も予想できる、単純に上昇途中の上値抵抗帯があればシンプルにそういった考えに繋がります。

1時間足


ダウトレンドは高安値切下げで下落トレンド転換です、ただ真下に前回日足の高値が存在していて、下げても強く買い戻されている状況で迂闊に抜け期待で売るにはリスクが高い。
売る場合は必ず1時間足で確認できるサポート帯をレジスタンス確認して、移動平均線は売り優勢で初動は乖離していない事。
そしてダウトレンドは下落中で15分足→5分足は高値切り下げを確認する、そこにボラの上がる市場オープン時間を絡ませる。

5分足で買うには再度1時間足で安値を切り上げる必要がありますが、どうしても真上の節目が大きな逆行リスク。
レンジの様相が強くなってきたら必ずどちらかに抜けてから売買を検討する事。

※以下原文です
おはようございます、Yusukeです。
今日もよろしくお願いいたします。

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

東京OP前ドル円環境認識

1時間足


ダウトレンドは真上の節目に当たり僅かに高安値が切り下げて下落転換。
ただし4時間足と日足では買い目線なのと真下の105.766付近は日足前回高値であり、簡単に抜けにくいラインでもあります。

買うにも売るにも抵抗帯が存在するので、しっかり条件を待ってからになりそうなのと、東京時間はトレンドができにくいので、欧州時間まで待つ必要があるかもしれませんね。

15分足


15分足はレンジで、一段下がって停滞していますが、やはり真下に節目が存在するので、抜け期待で売らないようにすること。
5分足で売るための1時間足高安値というのは切下げていますが、サポートされているためここをレジスタンスに変える必要があります、そして時間をかけて停滞したとしても次はさらに上の上位足の押し目買いが控えているので、もう少しレンジは続きそうですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。