3月4日(木)【FX】ユーロドル相場環境認識

環境認識


    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

ユーロドル環境認識

日足


欧州オープン、NYオープンを限定としてユーロドルの監視を再開します。
日足は1.21300付近に数年前のネックラインが存在していて、そこが直近のサポレジ転換ラインになっています。
2月25日に上髭陰線、大きな売り圧力と共に下落しましたが、その真下には前回の高値ネックラインが存在しているので、デイトレの売りの弊害になっています。
上限付近で買うのはリスクが高く、下限付近で売るのもまた非常にリスクが高いので、なるべく高い位置から売る低い位置から買うというのを心掛ける、そう考えると移動平均線の優位性は日足は売りが優勢なので売りかと思いきや、ここは週足の移動平均線がすぐ近くににあり押し目買いとも判断されやすい。

4時間足


うーん、環境認識再開のタイミング間違えましたね(^^; すんごい分かりにくい。
ダウトレンドは戻り高値を越えたかどうか、越えているのなら一旦下げ止まって安値の切上で買いを検討していけます。

1時間足


1時間足ダウトレンドは高安切上で上昇トレンド継続中、ただ安値切上げ後の売り圧の強さが少し気になる。
移動平均線は売り優勢のため下向きのままで買う事は出来ません、基本は上向きの状態で、5分足にしたとき下から
長期→中期→短期の順になるのを待つ事。
そう考えると時間帯を考慮しても、MAがゆったりときれいな形と並びを作ってくれる可能性は低そうですね、要は並びが整う前にオープンの勢いで上昇する可能性が有るという事です、そうなると優位性が低く取れても結果論になってしまう。

********
▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
▼サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
▼Twitter

=============

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。