【FX】質問箱の回答『グランビルの法則とダウトレンドについて』

ダウ理論 移動平均線

Yusukeです!
質問箱の回答をしていこうと思います。

まずご質問者さんの疑問を図で表します。

要するに

上昇トレンドの定義:
上位足方向に高値と安値が切り上げる、もしくは切り上げ続ける限り上昇トレンド

上記を踏まえると
高値更新をしていないから、買えないという考えに至ります。

疑問Aとします

次が

この青線の部分なのですが、『移動平均線が買い優勢』というのはあくまでも1つ上、2つ上までとさせてください。

例えば、
5分足トレードをする際に15分足中期→1時間足長期が買い優勢なら買うという事です。

下はドル円5分足チャートです。
・黄色が短期SMA=5分足短期
・ピンクが中期SMA=15分足短期に相当
・水色が長期SMA=1時間足短期に相当

そしてご質問者さんが言われた「第一法則の適用」なのですが

少なくとも3つ以上の時間足の移動平均線の事という風に捉えてください。

具体的にチャートで表すと

図で表すと

ちょっと見ずらいですが(苦笑)
この認識でお願いします。

これが第一法則となります。

そして質問者さんが実際に認識されている場所

例えば下のチャートは現在のドル円4時間足チャートです

戻り高値は越えておらず、安値だけ切り上げたという前提で見てください。

どう解決しているか

①大底と仮定した価格帯付近に、過去の水平ラインが引けるかどうか確認している
どういうことかというと、基本的に例えば買いエントリーをする時
①上位足の高値安値が切り上げる
②下位足で安値を切り上げる
③高値ブレイクでエントリー

簡単に言うと上記の流れになるのですが。

例えば質問者さんが5分足トレードをするとして

買いエントリーの条件を再度確認してほしいのですが
これが仮に4時間足や日足が上位足と考えると、それらの上位足が上昇トレンドとします、
そうすると1時間足というのは下位足扱いになるため、水平線の条件や移動平均線の傾きを考慮すると、安値の切上確認だけで上昇していくという考え方になります。

それほどまでに日足や4時間足の節目というのは強力になります。

ですので、5分足トレードをする場合、1時間足『まで』の分析をしてしまうと、こういった更に上の時間足の抵抗帯、節目に気が付かなくなるためとても効率の悪いトレードしかできなくなります。

②切上切下げは必ず前回下位足のネックもしくは戻り高値押し安値をリターンムーブしている
よく切り上げ切下げという言葉が目につきますが。

・切上げは必ず前回戻り高値もしくはネックの高値をサポートしている
・切下げは必ず前回押し安値もしくはネックの安値をレジスタンスしている

この考え方は相場をフラクタルに捉え売買ポイントを見定めるためには非常に重要になってきます。

この戻り高値やネックラインというのは当然2つ上の上位足で確認出来ることが前提です。
3つ以上の時間足の節目に当たり、更に2つ上のこういった高値に明確にサポートされて切り上げてくるようであれば根拠は高まってきます。

不明点あればまたお待ちしてます。

以上です
今日もありがとうございました。

********
▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
▼サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
▼Twitter

=============

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。