3月23日(火)【FX】ドル円,ユーロドル相場環境認識:欧州OP前:NYOP前

環境認識

追記)NYオープン前

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

NYOP前ドル円環境認識

1時間足


ドル円は欧州オープン後に108.774付近の重要な水準でレジスタンスして急落、上位足MA売り優勢ヘッドアンドショルダーズの形で比較的分かりやすい形だったと思います。
そのまま108.617付近の節目を抜け4時間足、1時間足でも明確な下げダウトレンド、ただ真下には日足で確認できる108.330付近の押し安値と日足MAが買い優勢で迫ってきており、1時間足のMAも乖離しているため調整中、108.617が重要な水準。

1時間足、4時間足は売り優勢なのでMAが収束しレジスタンス確認出来れば5分足で売れそうですが、逆行の要因は日足の買い要因。
逆にこのまま切上て108.617をサポートしてくるようであれば売りは狙えません。

NYOP前ユーロドル環境認識

1時間足


ダウトレンドは1時間足4時間足共に下げダウトレンドで売るにはいい条件が揃っています。

移動平均線は乖離しているので、ここでもう少し停滞しある程度収束してからレジスタンス、MA売り優勢を確認したい、今のままだと乖離の買戻しが逆行要因です。

以上です
今日もありがとうございました。

********
▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
▼サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894

追記)欧州オープン

欧州オープン時間が近づいてきたので環境認識をしていきます。

欧州OP前ドル円環境認識

1時間足


ダウトレンドはレンジで移動平均線の優位性は売りで、1時間足のMAが近くに存在。
108.774付近でサポートにならずにレジスタンスしていますが、真下にも抵抗帯が存在しているため今売ってもリスクが高い。
仮にオープン後再度レジスタンスされMAも近く、損切幅が狭ければRR1:2で取れる可能性はありますが、そのリスクを取るくらいなら一度抜けてしまってレジスタンスを確認、もしくは再度大きな戻り目を作って打った方が賢明です。

欧州OP前ユーロドル環境認識

1時間足


ユーロドルは上昇ダウトレンド継続中ですが、真上の日足の抵抗帯の存在があり、買うにしても重要な水準である1.19100付近でサポートを確認してから。

Yusukeです。
中途半端な時間帯ですが今日トレードする上で重要な水準を把握するために環境認識を行います。

ドル円環境認識

1時間足


1時間足ダウトレンドは高値切り下げ安値切上げでレンジです。
真上には4時間足の移動平均線が売り優勢、真下には抵抗帯と日足の移動平均線が買い優勢。

108.774付近と108.617付近。
このまま上昇継続するのなら切上を起こし108.774付近のラインをサポートしていく流れになりますが、やはり逆行要素高値が切り下げ続けている事と4時間足のMAの売り圧力、少しサポートするようでは当然ダマしに遭う可能性が高いです、なので今の所買いは無し。

売りに関しても上下のラインをレジスタンスしてからになると思いますが、108.774付近に関してはレンジの安値圏で下がりきったと判断できるので、売ると判断するには安すぎるんですよね。
108.617付近に関しては、ここをレジスタンスすればガツンと一段下がりそうですが、逆行要素は日足MA、短く取るくらいなら良いかもしれませんが本格的に売ろうとなるとレートが日足MAの下に位置し、最低でも傾きが水平にならないと厳しい、もう少しこの高値圏で推移しそうですね。

ユーロドル環境認識

1時間足


昨日のNY時間の1.19100付近のサポート上昇継続は比較的分かりやすかったと思います。引いているのはその1本で真上に日足のネックライン1.19514付近が控えておりここから高い位置での買いはリスクが高いです、抜けても日足のMAも控えているため戻り売り圧力が強い状況、買うにしてもいったんその節目を抜けてサポート確認する必要があり、もしくは1.19100付近まで調整で落ちて買いを狙うか、ただ売り圧で高値が切り下げてラインを割ってくると、サポレジと判断されて売り圧が強まるので、現状売るとしたらその水準です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。