3月25日(木)【FX】ドル円、ユーロドル相場環境認識:欧州OP前:NYOP前

環境認識

追記)NYオープン前

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

NYOP前ドル円環境認識

4時間足


今日はトレードは済んで、一旦上昇トレンドも進んでしまったので、4時間足から俯瞰して環境認識をします。
4時間足のトレンドは下げダウのような形を見せましたが、やはり下から日足の移動平均線が買い優勢で迫っているため、相応の買い圧力が加わりました、更に108.338付近に日足の押し安値が控えているため、ここをすんなり抜けてくるにはさすがに考えにくいです。

ではこのままどんどん上昇していくかというと、次は去年から引ける109.231付近の節目があるため、ここもすぐすぐ抜けてくるとは考えにくいですが日足4時間足レベルだと収束している所なので何とも言えません。

抜け期待でエントリーはリスクが高いので、抜けてからサポート確認して買いを検討となりそうです。

1時間足


欧州時間は引くラインを間違えましたね、、108.952付近のネックラインに引くべきでした(^^;
ダウトレンドは上昇継続中ですが昨日今日と上昇し、真上に節目も存在しているため、このまま抜け期待では厳しいです。
再度調整で108.952にサポートされれば狙えなくも無いですが、逆行の要素も考えると売り圧も強い事が予想されるので、停滞してから上昇もしくは重要な水準をサポートからレジスタンスに変えてくれば売り圧も強まります。ただ4時間足日足は買い圧も強いため、迂闊に売れるところでもない、重要な水準は108.952です。この水準を朝までキープしてくれるかどうかというところですね。

NYOP前ユーロドル環境認識

4時間足


4時間足、日足は下げダウトレンド継続中です。
移動平均線の優位性も長期的に見ても売り優勢。

1.17986付近の前回日足押し安値でサポートしスパイク足を形成途中なので、このままローソク足が確定すれば、短く転換する可能性もありますが、時期尚早。
ただ下は相当抜けにくいので、明日の朝までにこの水準で買い圧が強ければ、明日から短期的に買いを狙える可能性はあります。

ただすぐ上に前回安値である1.18352のラインも控えているため、移動平均線と合わさって強い売り圧も予想されます。

1時間足


ダウトレンドは下げ継続中ですが、真下の節目の存在で高安値切下げ幅減少、ただ4時間足日足は下げトレンド中のため、上昇しても売り戻される可能性が高いため、ちょっとしたサポートくらいで買うにはリスクは高いです、当然まだどこも切り上げていないので、目線は下です。

明日に向けての重要な水準は、1.18349付近が今のところ濃厚ですが、NY時間中に明確なネックラインや戻り高値を形成してくれれば、再度戦略を立て直しますが買いも売りも強そうなのでレンジが続く可能性もありますね。

以上です
今日もありがとうございました。

********
▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
▼サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894

Yusukeです。
今日もよろしくお願いいたします。

欧州オープン時間が近づいてきたので環境認識をしていきます。

欧州OP前ドル円環境認識

1時間足


ダウトレンドは108.755付近をサポートに変えて上昇継続中。移動平均線の優位性は買い優勢。
次の抵抗帯となり得そうなのは節目であり109円付近のキリ番帯です。

キリ番は意識しているかというと特段意識はしていないつもりですが、今までの検証でキリ番付近で上位足トレンド転換やトレンドの継続を作るトレードが比較的多かったので、完全無視はしませんが戦略を立てるうえで頭の片隅に置いているというくらいです。

そして買うにしてもこの価格帯をサポートしてからです。
売りの戦略は今のところ無しです。708.755付近を割り、その下の押し安値も割ってくるようであれば検討していくつもりです。

欧州OP前ユーロドル環境認識

1時間足


ユーロドルは下げダウトレンド継続中で移動平均線は売り優勢。
下げ幅は減らしていますが、ここで上昇に転換するかというと、下の1.17978付近の日足押し安値の反発度合いですね、このまま抜け期待で売るのはリスクが高いです。
売るなら節目をレジスタンス確認してからです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。