トレードの勉強をすればするほど泥沼にはまる理由と解決法、6月1日ドル円相場環境認識

Uncategorized


4時間足

長期ダウは下降で短期も下降です。

ただやはり日足のMAが上向いている以上やはりそうやすやすと下抜けさせてくれませんでしたね(‘ω’)

移動平均線のルールに沿っているのでなんら問題無しです。

ただ直近安値を割ったのと、高値に届かずに切下げ、しかしMAは上向き

そのすぐ上には日足抵抗帯と週足が迫ってきているので

こういった高値突破を前提にロングすると何度も損切に遭う相場です。

1時間足

長期ダウが下降で短期が切上?

難しいですね、そしてラインも引こうと思えばたくさん引ける

他のトレーダーも難しいと感じており

こういった相場は荒れやすいので

ちょっとした優位性程度ではトレードしないようにしましょう。

 

人はトレードが少し上手くなるとすぐに他のエントリーポイントを探し出します。

ここもいけるんじゃないかな?

少しだけなら獲れそう?

 

先週金曜日の最後の急騰も下位足だけを見てあれこれ根拠を書き出せば

獲れたのかもしれません、しかし

ここから視野が狭くなり、自分のトレードスタイルが崩れ始めます。

初心者の頃って危なげながらでも結構勝てたりします。

僕も始めた当初、上昇トレンドが続いていたので1分足でひたすら買って利益が出て

ビットコインFXも下落相場を少し上昇したらひたすら戻り売りしていました。

 結果それなりに増えたんですよ笑

いわゆるビギナーズラックというやつです。

始めた当初は知識もあまりなく

移動平均線の方向だけ見てトレードしたり

単純な基本だけの形で勝てたりします。

そこからちょっと負けて色んな手法に手を出し

色んなインジゲーターを入れるというのが一般的なトレーダーの行動です。

 

ブログや履歴の通り、僕の相場に対する考え方はいたってシンプルです。

勝ち続けているトレーダーの方のチャートは本当にシンプルで、移動平均線2本だけとかの人もいます笑

負けて、自信をつけるために勉強をするのになぜか負けが加速する

インジをたくさん表示させて万全のポイントが来たのに

何故か負ける、、何故かポジションが伸ばせない、、

そういったある程度経験を積んだトレーダーに一つアドバイスできることは

相場の断捨離をすることです。

考えてみてください。

もし災害が起こった時、家にあるものすべてを持ち出すことは無理ですよね??

瞬時に必要最低限の物だけ持ち出すと思います

多分財布とかスマホとか家族の写真とか?

それが相場のローソク足だったり移動平均線、だけだったりします。

相場は人間の欲と恐怖で動いており、変えようがなく人間心理をそのまま反映しています

瞬時に必要なものを選ぶというのはそのまま大衆心理に直結します。

という事はやはり相場で必要なものというのは相当限られてくるという事です。

その限られた指標やインジだけで十分という事です。

今まで使っていた不必要なインジを取っ払うのは抵抗があると思いますが

エントリーの迷いが無くなり、間違いなく自信がつくのでお勧めです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。