FX記録 Written by Yusuke

【FX】質問箱の回答『ネックラインについて』

質問箱回答 水平線

Yusukeです。質問箱の回答をしていきます。

ご質問内容

水平線(ネックライン)について考えを聞かせて下さい。
上昇トレンドにおいて、「最後の押し安値」と「高値を更新出来なかった安値」どちらを重要視しますか?

先に結論

イラスト

これはご質問の内容によって回答が多少前後すると思いますが、「上昇トレンドにおいて」と書かれているので、上昇トレンド中にトレンド終了が起こり→下落トレンドに転換するキッカケを作るのは基本最高値を更新させた押し安値です。

チャート例

ネックラインについて

ただ「ネックラインについて」と書かれているので、それも少し説明をすると。
ネックラインを割るという事は
①真上に上位足の抵抗帯が存在している事が多い
②先に高値が切り下げてしまい→上昇トレンド終了と判断される場合もあります。
③その後ネックラインを割り、本格的に下落していく

上記の流れというのも存在します。
イラスト

実は先に高値が切り下がるという現象も起こりやすく、若干主観の部分が入るので、根拠としては。
①上足の節目に当たる
②上位足の移動平均線に当たる
③極端な乖離
‥等が条件に入るといわゆる天井を形成し一気に下落しやすくなります。

チャート例

まとめ

基本的には押し安値を見ていきますが、高値圏で長期停滞を起こすようなことがあれば、ネックラインが形成されるパターンなのかどうか臨機応変に見方を変えていくのが正しい姿勢です。

以上です。
ありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。