4月22日(木)【FX】ドル円、ユーロドル相場環境認識:欧州OP前:NYOP前『戻り売りは高い位置からが基本』

環境認識

NYオープン時間が近づいてきたので環境認識をしていきます。

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

NYOP前ドル円環境認識

1時間足


ダウトレンドは欧州オープン後に反発し、際どいですが直近戻り高値を更新して下落トレンドが終了。
真上には上位足の節目と4時間足移動平均線が存在しているため下落トレンドが終了したと判断して、抜け期待で買いエントリーはリスクが高いです。
確実に前回高値をサポートに変え、4時間足のMAの売り優勢のリスクも消え確実に安値が切り上げてきたら検討していきます。

5分足売りは、安値圏で高安値切下げ幅が減少したところのため、無しです。

以上です、今日もありがとうございました。

▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
▼サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894

欧州オープン時間が近づいてきたので環境認識をしていきます。

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

欧州OP前ドル円環境認識

1時間足


ドル円1時間足のダウトレンドは安値の切下げ幅が減少し安値圏でのレンジが継続中。
4月初めから売られ続ける原因となったピンク色の移動平均線は4時間短期に相当します。
このMAが下を向き続ける限りは抜け期待の買いエントリーはリスクが高いので切上を起こし直近のサポレジ108.136付近をサポートに変え停滞、4時間足MAが水平になってくれば上抜けの買いは期待できそうです。

5分足売り戦略に関しては、ここまで下がりきると追っかけで売るには非常にリスクが高く、仮に売るなら一度上昇して、その上昇の起点となったラインを再度割り切下げてきたら検討していけそうです。

順張りで売る場合はなるべく高い価格帯からが基本です。

欧州OP前ユーロドル環境認識

1時間足


ユーロドルは昨日の欧州時間に下げましたが、4時間足の移動平均線押し目買いによって再度上昇し直近の戻り高値を更新してきました、高安切上で再度上昇トレンド転換。
買っていく懸念は4時間足の高値が切り下げてきたことと、真上のサポレジライン1.20471付近の売り圧力が気になるところです。
このラインを抜け期待で買うのは少しリスクが高く、買うにしてもなるべく安い価格帯から、そう考えるとサポートされて上昇の起点となりやすいのは、今現在の1.20318付近と1.20386のネックになりそうです。

逆に売る場合は再度切下げて、今サポートされているところをレジスタンスに変えてきてから検討です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。