4月25日(日)【FX】ドル円,ユーロドル週末相場環境認識『相場の予想は出来ない。天井を確認してから売る、底を確認してから買う』

環境認識

Yusukeです、明日に備えて相場環境認識を行います。

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

ドル円環境認識

4時間足


ドル円まずは4時間足、ダウトレンドは下げ継続中で107.546付近に去年7月に作った日足レベルの戻り高値に当たり反発。
今月は結局ダラダラと下げてきて4時間足の移動平均線が意識され続けた相場になりました。

さすがにショートカバーが起こってもおかしくないですが、ただそれを期待で早い段階で順張りロングをするのは非常にリスクが高いということです。

天井や底というのは、チャートが出来た後日に判明することで『相場の予想は出来ない』という事を深く理解出来ているからこそ、
『天井を確認してから売る、底を確認してから買う』が徹底できます。

なのでまだまだ強い売りが入る可能性の方が高いという事です、まだどこも切り上げてもないし移動平均線も売り優勢の形なので。

1時間足


107.546付近の過去の戻り高値に当たり急反発。
この動きを見ると「トレンド転換か?」となりそうですが、まだまだどうなるか分からない状況です。
少なくとも戻り高値は超えたので、107.805付近のライン付近で停滞し安値が切り上げて移動平均線が買い優勢に転じてくれて初めて「上昇トレンドの定義が成立」したと言えます。
ただそれでも問題は4時間足の移動平均線の売り圧力、5分足の買いに関しては4時間足の移動平均線を上抜けてからになりそうですね。

5分足売りに関しては、直近戻り高値を更新してしまっているので、①いったん上昇トレンド②上位足売り圧で高値が切り下げる③買いの起点押し安値を割る④サポートラインをレジスタンスに変えてきて売りを検討、いわゆる上位足売り優勢のヘッドアンドショルダーズが堅いパターンです。

ユーロドル環境認識

4時間足


ユーロドル1.20000付近の節目をレジサポ転換し上昇継続。
ここを大きな起点とし短くでも上がると思い買いましたが、週足の移動平均線上抜けも相まって余裕で高値を更新してきましたね(^^;
やはりこの辺りのトレンドの力強さはドル円と違いますね。

長期の目線は高安切上なので基本的に買いがメインになりそうですが、真上に1.21118付近に日足で確認できるネックライン→戻り高値が存在しているため、ここで一旦調整が入る可能性が有ります。
当たって反発調整か、それともブレイクして結局そのラインがサポート→レジスタンスになる可能性もあるという事ですね。

1時間足


ダウトレンドは上昇継続で買い優勢、移動平均線も買い優勢ですが少し乖離しているのと、真上の抵抗帯の存在ですぐに買っていくにはリスクが高い状況です。
1.21118で一旦反発し直近高値の1.20796でサポートに変えレンジを形成し再度上を目指すのか、それとも上がりきらず高値が切下げ、押し安値を割り短くでも売られるのか、しっかり観察していきたいと思います。

以上です。
今日もありがとうございます。

▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
▼サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
▼Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。