5月2日(日)【FX】ドル円,ユーロドル週末相場環境認識『トレードは掛け算、感情コントロールが0だと全ての数字が狂ってしまう』

環境認識

Yusukeです、明日に備えて相場環境認識を行おうと思います。

この週末の環境認識をする理由の一つは、月曜日というのは勝率が低くなりやすくその一つの要因である『トレードをしたいという欲求』を抑えるためでもあります。
多くのトレーダーは本来のFXの目的である『資金を増やす』から無意識に『トレードがしたい、エントリーしたい』という非合理的な感情が沸き起こります。

テクニカル、資金管理、リスクリワード比率や勝率、トレード回数、感情は全て掛け算する事でトレードは成り立つため『感情コントロールの部分が0だと全てのルール、前提、数字が狂ってしまう』ので、この余計な感情が出る場面を抑えるために、しっかり自分の性格や傾向を分析して行っています。

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

ドル円環境認識

4時間足


ドル円は一旦底を打ち、反転上昇。
4時間足は高値と安値が切り上げ転換し本格的な上昇トレンド継続。
転換したのと買いの勢いからもう一段はすぐ上げてもおかしくは無いのですが、真上に109.357の節目が存在しているため、すぐにここの抜け期待はリスクが高いです。
ゴールデンウィークで東京時間はボラが無いため、本格始動は欧州オープン前後になりそうですね。

現状下落したとしても5分足レベルでは売れるかどうか微妙なところです、レンジを作りジり上げていく傾向が強くなると思います。

1時間足


ダウトレンドは上昇で移動平均線は買い優勢。
ただ少し乖離しているのと、明日の東京時間は休場のため109.352付近でレンジを作り、どこをサポートしていくか注視していきます。
また仮に下げても、すぐに押し目買いが入るはずなので、基本的に売り目線は無しの予定です。

ユーロドル環境認識

4時間足


ユーロドルは1.21495付近の節目に当たり、4時間足安値を割り高値の切下げもほぼ確定、ただ日足押し目買いが入りそうなので、1.19913付近の節目と日足の移動平均線が重なるので、安値がもう一度切り上げてくる可能性もあります、そうなると日足の買いと4時間足の売りが拮抗してレンジになる可能性もあります。

1時間足


1時間足はネックラインと押し安値を割り一気に下落トレンドへ、移動平均線は売り優勢ですが乖離しているため、すぐすぐにはトレードは出来ません。
基本的にユーロドル東京時間の勝率は低いため、東京休場も相まってボラが落ちると思うので、欧州オープン前後に再度監視します。

ダウカントがここで止まるはずはないと思うので、もう1段下を狙い、停滞後上位足の思惑が一致する条件で売りを検討していきます。
買い戦略は今のところ無しです。

以上です。
今日もありがとうございます。

▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
▼サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
▼Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。