【FX初心者】練習ソフトを使い裁量トレードの実戦練習をする際気をつける事『精神と時の部屋の罠』

FX初心者

Yusukeです。

今日は相場が休みなので休日ブログを書こうと思います。

トレードをするにあたって検証というのは重要になってきます。
そもそもFXの検証というのは相場というのは先が分からない、答えが無いという考えのもと”自分で考える”ことが非常に重要になってくるため、
仮説を立て→実際経験しデータを溜めそれが長期的に効いているのかどうか確認するものですが、

よくある”フォレックステスターで1日に何か月分もチャートを進めて経験を積む”は、また違ったニュアンスになり、要は効いているかどうか調べるのではなく『数稽古』の部類に入ると思います。

実際のトレードと検証ソフトの乖離

検証ソフトの場合
・勝率が高いもしくは安定
・収支曲線がきれいな右肩上がり

という具合に思い通りの結果が出るはずです。

実際のトレード
・テストより勝率が低くなる、不安定
・収支曲線は不安定、コツコツドカン

という風に大きく乖離する事が多々起こります。

原因

結論から言うとダマしに遭った時の取り戻したい感情と脳が疲れた結果→思考の低下です。

もちろん損切は遅く、利確は早く、リアルだと待てない‥等ありますが
それは結構一般的で割と誰でも知っていると思いますので今回は割愛します。

コラムなので短めに(^^;  m(__)m

リアルトレードをする前の事をよく思い出してほしい

実際にトレードをする前の環境というのは人によってバラバラだと思います。

・仕事から帰宅
・在宅ワークの合間
・寝起き

‥等

そして普通は相場の分析をするはずです。
僕の場合は毎日ブログ更新してる『環境認識』です。

これって、結構『頭』を使うんですよ、
手法がシンプルというのはあくまでも多すぎるインジや判断材料を、自身の経験を元に無駄を削ぎ落した結果で、実際は2つ3つ上の時間足の相場環境を考慮する為、1回分析すると割と疲弊しますし、簡易にするとどこか見落としが発生します。※例えば過去の節目等。

人の集中力は長く続かない、脳を過労させない

例えばそういった分析を毎回するとして、何回くらい続くかというと、正直数回かなと思います。

例えば東京、欧州、NY時間のオープン前後に相場というのは動きやすいのですが
それだけで1日3回です、結構大変です。

僕は実際のトレードは6時間おきくらいに分析をしているので、当然毎日続けることは可能なのですが、これが検証ソフトの場合だと早送りできるため、それこそ1時間で1か月分進めることも出来ます。

1か月約20営業日 × 3回市場オープン = 平均60回分析

これを短期間で行う事はほぼ不可能に近いはずです。

人の集中力というのは長く続きませんし、そこで気合を入れたところで実際のトレード心境とかけ離れるため、闇雲に進めると段々と思考停止していき流れ作業になっていきます。

こういった状況に陥ると、分析が疎かになるため、効果的な実戦練習が積めません。

ダマしに遭う

このダマしなのですが、結論から言うと実戦のトレードでダマしに遭った場合、少なからず『取り戻したい感情』が沸き起こります。

ここが実践とテストとの数字を大きく乖離させてしまうところです。

テストでは当然ダマしに遭っても実際のお金が減るわけでは無いので何ともありません、ただ実際リアルトレードは損を取り戻したいプロスペクト理論が働くため、テストとは違う『非合理的な心理』に陥り、視野が狭くなり間違った売買判断をしがちです、これは人それぞれ感じ方は大小あると思いますが感情の中央値は大勢の人に当てはまるはずです。
何故なら初心者も僕も億トレーダーも観察すると同じ心理に陥っているのを目の当たりにしたからです。

改善策

これはまず分析回数を決めて頭を休めてください

例えば僕は1日に1週間分(5営業日)しかやりません。
5営業日でも 5営業日 ×3市場 = 15分析

1日に15分析という計算になります。
そして2日分進めたら2、3時間の休憩を取ります。

これは人によってそれぞれだと思います、チャートを進めている時に無意識にキーボードをタンタンタンと進めているようであれば流れ作業になっているので、その辺りが当人の思考の境界線です。
休んで実践形式に戻しましょう。

トレード回数を決める
僕の経験ですが、連敗した時を分析すると、

①短期間に
②相場環境が変わっていない
③取り戻したい

こういった共通点がありました。

要はこういった感情が湧き出るために無駄打ちが増えるという事実があります。

これを回避するためには、再度エントリーしたら取れたという結果論を捨てて、勝っても負けてもトレード回数を決める必要があります。

例えば僕は5分足トレードであり、チャンスも多くないため、基本1日1回までと決めています。

・熱くなりやすい

という性格が負けてきた中で分析し理解出来ているためです。

・負けた後の取り戻し感情
・勝った後の慢心になる感情

1日寝ないと忘れないんです笑

そして副次的にその1回を渾身の1回にするという気概も生まれます。

そして例えば、
1分足トレーダーなら

東京時間は1回
欧州時間は1回
NY時間は1回

とかでも良いと思います。

ただ、それでも自分の感情次第ですね、取り戻したいイライラしているのなら寝て次の日に再挑戦とかでもいいかなと思います。

実戦練習の場合はという前提で

以上はあくまでも実践練習の場合でです。
数値のデーターを溜めたり、例えばフィボナッチと日足が重なったら反発するのかとか、そういう定量的な割と思考停止でも出来るようなテストは短期間にやってしまうのは全然OKです。

あと、水平ライン引きと移動平均線の検証練習は脳が何も考えれなくなるくらいやってもらって構いません、意識的から無意識的に引くようになるのが重要なのでm(__)m

以上です。
今日もありがとうございました。

▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
▼サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。