【FX】質問箱の回答『移動平均線の距離感について』

質問箱回答

Yusukeです。質問箱の回答をしていきます。
※質問箱の回答は休場日である土日にすることが多いです。

ご質問内容

回答

まず大前提として
移動平均線だけを見て判断はしません。
また割合やpipsで確認しているわけでも無いです。
それだとダマしが頻発し過ぎてトレードにならないと思うので。

時間帯を見る
まず出来上がったチャートに対して、「ここMAが収束拡散してるね、じゃあここエントリー出来るね」と言うことは誰でも出来たりしますが。
実際動いているチャートに対しては一気に難易度が上がります。

ここで大きな優位性は『時間帯を考慮する』です。

例えばボラが無い時間帯。
ここでは東京時間でお昼13時とします。
まあ、この時間って動かないですよね?

拡大します。

重要な事は『ボラの無い時間帯にエントリーするのに良い形を作っても高い確率でダマしに遭う』という事です。
そしてオマケとして『トレードする時間帯は極力固定する』ですね。

なので、移動平均線が長期→中期→短期で収束していると言っても、普段から動かない時間帯であれば迷うことなくスルーしましょう。

上位足から下位足の確認できるネックラインでシナリオを描く
これはどういうことかというと、結局のところ順張りのエントリーポイントというのは、以下になりますよね。

①『上位足から下位足ネックライン割れ』
②『上位足から下位足ネックライン上抜け』


まず
①2つ上の時間足でできるネックラインを確認してください
②次に1つ上の時間足でも確認できるネックライン
③そして①と②が確認できたうえで『トレード足の切上切下げを確認し、ネックライン抜けのタイミングを計ってください』
④その時にご質問者様が仰られている”個人的に収束から拡散し始めているように見える”と同時にエントリーをしてみてください。

最後に

必ず『複数組み合わせて』トレード戦略を組み立ててください。
複数というのは時間帯、切上切下げやマルチタイム、MA、水平ライン等の事です。

まず移動平均線がどういう形になるとレートが走るか?というのはある程度理解されていると思います。
では次にどの時間にレートが走るのか?というのを理解してもらい。
この2つの条件が揃ったのに何故か大きく反発して損切するようであれば、高い確率で進行方向に水平ラインが存在しているはずです。

1か0かでは無くて複数ですね。

こういった複数優位性が高い条件でアプローチをすると、要は絶対では無いけども思惑方向に伸びやすい期待値の高いトレードが出来ます。

これがこうなったらエントリーする、と言いたいところなのですが、それだとやはり勝てるようになる人は殆どいないため。
※角度が何度になったらエントリーすると言えば簡単なんですけど(^^; やっぱりそれだと最終的に余計迷うはずです。

そしてこの質問をされるという事はそれなりに収束拡散の事は分かっているはずかなと思うので、他の要素を組み合わせてみてはどうか?と今回回答させていただきました。

以上です。
今日もありがとうございます。

▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q
▼サブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。