7月28日(水)【FX】ドル円、ユーロドル相場環境認識:欧州OP前『それぞれの時間軸を考慮する』

環境認識

欧州オープン時間が近づいてきたので環境認識をしていきます。

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

欧州OP前ドル円環境認識

1時間足


ドル円は節目で反発し日足安値切り上げ
4時間足は下げダウ
その中の1時間足は安値切上げ

移動平均線は4時間、日足が売り優勢で1時間足が買い優勢。
ややこしいですね(^^;

日足切上で節目反発なので1時間足が切り上げてくると短くでも買いを狙えそうですが。
この場合4時間足の移動平均線の傾きや位置が重要になってきます。

これがあまりにも近すぎるとすぐに売り戻されやすいですが、乖離していれば、売り戻されるにしてもある程度上昇してからになります。
そうですね、、4時間足の切り上げまで待ってもいいかなと思います。

欧州OP前ユーロドル環境認識

4時間足


4時間足はやっとネック越えの安値切上げで上昇トレンド転換。
移動平均線の優位性は買い優勢。
ただまだ日足が下げダウで移動平均線も微妙な角度なので、節目も存在していることからこのまま上抜けはリスクが高い環境です。

1時間足


1時間足は4時間足上げダウの中の1.18304と日足MAが壁になり売り戻されている形。
中長期ではここは抜けてくると見ていますが、まだまだ日足の売り圧が残されているため、買うにしても再度下落し4時間足→1時間足の収束拡散で狙えるかどうかですね。
売りに関しては、、今のところ無しですね、4時間足の上昇転換が起こったばかりなのでリスクが高いです。

▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTubeサブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。