8月5日(木)【FX】ドル円、ユーロドル相場環境認識:欧州OP前『相場の分かりにくいところを知る』

環境認識

Yusukeです。今日もよろしくお願いいたします。
欧州オープン時間が近づいてきたので環境認識をしていきます。

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

欧州OP前ドル円環境認識

4時間足


ドル円は昨晩の指標で急騰し戻り高値を更新。

日足下げダウ→4時間足下げダウ終了。

この価格帯で停滞すると4時間足の安値切り上げ判定となり、次は下がっても押し目買いが入りやすくなる相場環境になります。

1時間足


1時間足は急騰で上昇トレンド転換。

移動平均線の優位性は日足売り、4時間足買い、1時間足買い優勢。
なので今の高い位置から買うとダマしに遭いやすいため、下がって切下げから切り上げ転換を確認して買いを検討。

欧州OP前ユーロドル環境認識

4時間足


ユーロドルは買いを狙っていたんですけど、昨晩強く売られて4時間足→1時間足下げダウ形成。
日足は押し目買いゾーンで1.18299付近にネックラインが控えているため、この位置からの売りは非常にリスクが高いです。

1時間足


ストンと抜けそうですね、ただ抜け期待でしかも重要なネックラインが進行方向に控えているのでトレードはしませんね(^^;
下がっても結果論になり長期的に見ると勝率も利益性も悪いポイントになるからです。

ユーロドル、分かりにくい相場が続きますね。
分かりにくいとトレードできない。
『分かりにくいところを知る』

トレードはいかに自分が苦手な場所、負けやすい場所、手法が効きにくい場所を知るかが非常に重要になってきます。
何年もトレードをやれば大方の人は下位足のエントリーポイントくらいは分かるようになります、だけど重要なのはそこじゃないんですよね、、目的は『トレードする事ではない』ということ、『増え幅もストレスも安定して資金を増やす事』です。

「分かりにくい、チャンスが無い」
良いんですそれで。僕は1か月納得のいくチャンスポイントが来なくても全然スルーします。
納得のいかない、危なっかしいトレードをして勝てても納得することは出来ませんし、悪い癖がついて次第にトレードが雑になってくるからです。

1年2年経ち蓋を開けると確実に資金は減っていると思います。
とにかく分かりやすいところのみ、です。

分かりやすいところが分からない。。
そういう時は手法を勉強するのではなくまず『相場の流れを把握する』事に努めましょう。

▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTubeサブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。