8月6日(金)【FX】ドル円相場環境認識『雇用統計前』

環境認識

おはようございます。
Yusukeです。
今日もよろしくお願い致します。

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

ドル円環境認識

4時間足


ドル円4時間足では安値切上げで上昇ダウ形成。
中期的に上がったら売られる相場から下げても買われる相場に移行です。

移動平均線は買い優勢ですが真上に日足MAがあり109.709付近に長期の節目があるので今日の雇用統計まで動くかどうか微妙ですね。

やはり重要指標が近くなるとレートは節目付近に収束しますね。

1時間足


1時間足のダウトレンドは急騰後に上値が重いながらも上昇継続。
移動平均線の優位性は買い優勢ですが少し乖離していて一旦上昇の力を使い切ったような形なので、買うにしても深い押し目を付けてからですね。

▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTubeサブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。