9月1日(水)【FX】ドル円、ユーロドル相場環境認識:欧州OP前

環境認識

Yusukeです。
今日もよろしくお願いいたします。
欧州オープン時間が近づいてきたので環境認識をしていきます。

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

欧州OP前ドル円環境認識

4時間足


ドル円は昨日の日足→4時間足が下髭陽線で109.694の節目サポート下否定が決定し日足の安値ももう一段切り上げです。
移動平均線は全て買い優勢。

基本は落ちたら買いを拾う押し目買い戦略で。

逆行が予想されるのは週足の高値切り下げでレンジの為、8月11日の高値圏のネックライン110.300付近と110.395の日足押し安値が節目になるため、ここを突破するにしても、抜け期待ロングはリスクが高いです。
この流れを決めるのは明後日の雇用統計でしょうか。

1時間足


1時間足は昨日の下否定の急騰後に上昇ダウ形成→継続中です。
移動平均線は全て買い優勢ですが、朝一伸びて乖離しているためすぐすぐの買いはリスクが高いです。

欧州OP前ユーロドル環境認識

4時間足


ユーロドルは超長期のネックライン1.16900付近で揉みあい日足の安値と高値が切り上げて上昇転換。
1.18457の節目タッチで失速し、一応週足は下げダウなので想像以上に売られ、ここからすぐ買うのは厳しいですね。
ヘッドアンドショルダーズの頭の部分を形成しているにも見えるので。

上昇ダウ継続で移動平均線はどちらでもないです。

1時間足


1時間足は上昇し節目タッチ→急落で高値が切り下げて上昇終了でネックラインも割り下落ダウ成立です。

移動平均線は売り優勢ですが中期が上向きの為4時間足相当の押し目買いが入ってもおかしくないため、強引に下げるかもしれませんが、もう少し戻り目が欲しいかなといったところです。

▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTubeサブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。