9月5日(日)【FX】ドル円環境認識。週の流れとシナリオ『手を出してはいけない相場を理解することで生き残れる』

環境認識 週のシナリオ

Yusukeです。
来週1週間に備えて相場の流れとシナリオをササっと立てていこうと思います。

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

週足


ドル円週足は相変わらず方向感無しです。
111.365の節目にタッチし高値切り下げ→安値も切り上げ。
移動平均線はやや買い優勢なので基本は買い目線です。

どちらか流れが出るまで放置ですね。
ユーロドルかポンドルを選択でいいかなと思います。

日足


日足はやや買い優勢のレンジで移動平均線は売り優勢。
上抜けするのかな?と思ったのですが雇用統計で下振れしましたね。

長期的に上は110.395の押し安値に抑えられていて8月11日に戻り高値を更新しているので、今後突破されてもおかしくは無いと見ています。
真下には109.694の節目があり、ここを明確に抜けるまではショートは厳しいかなと思います。

4時間足


4時間足は雇用統計で下振れして下げダウ、移動平均線は売り優勢ですが、並びが買いのパーフェクトオーダーなので、買い戻されてもおかしくは無いと思うんですよね。
短期的には下に行くかもしれませんが、まだスルーしてユーロドルかポンドル監視します。

8月頭から週足のレンジが確定し、そこからドに関してはかなり慎重に監視していたのですが、やはり物凄く分かりにくい相場になりましたね。
移動平均線は買いサインなのにどこからともなく売りが降りかかり、でも下髭も目立つ、こういう場所は上位足から流れを見て事前にある程度察知する必要はあります。

こういう場所が『分かりにくい場所』です。

上位足の逆行の要素が減り、いつもの条件が揃い始めれば思惑方向にエントリーです、こういう場所が比較的分かりやすい場所です。

そう考えると15分足トレード→5分足トレード→1分足トレードと時間軸が小さくなればなるほどトレードチャンスは増えますが同時に考えないといけない事が増えるので、1分足トレーダーと言えど週初めくらいは流れを把握したほうが良いですね、そしてその中で1分足の優位性を見つけてトレードする。

以上です。
今日もありがとうございます。

▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTubeサブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。