9月6日(月)【FX】ドル円、ユーロドル相場環境認識:欧州OP前『NY休場』

環境認識

Yusukeです。
今日もよろしくお願いいたします。
欧州オープン時間が近づいてきたので環境認識をしていきます。

    【環境認識】
    僕のトレード手法の根本であるダウ理論、移動平均線、水平線を基に
    なるべくシンプルにお伝えしていきます。
    15分足のデイトレを行うために長期トレンド4時間足から中期トレンド1時間足の分析をしていきます。
    5分足のデイトレからスキャルを行うために長期トレンド1時間足から中期トレンド15分足の分析をしていきます。
    ※今現在は5分足トレードで固定しています。
    ※売買タイミングを指示、または推奨するものではありません。
    ご自身での投資判断をお願いしますm(__)m

欧州OP前ドル円環境認識

4時間足


ドル円日足はやや買い優勢のレンジ。
4時間足は下げダウ。

109.694の節目に当たり反発し移動平均線は短期中期が売り優勢。
えーと、スルーします(^^;

売られそうな形もしていますが、どっちつかずです。

1時間足


1時間足は下げダウから真下の節目にタッチし安値が切り上げています。
ただ4時間足が下げダウで真上に移動平均線も迫ってきているため、レンジ判定。

『分からない場所は何もしない』

手を出すと今にも事故りそうなチャートですね。。

欧州OP前ユーロドル環境認識

4時間足


日足は上昇ダウ→4時間足上昇ダウです。
移動平均線は買い優勢で基本は買い目線。

ただ上に青い線が見えるのですが、これは週足の短期に相当し1.19500付近に節目があるため、もう一段上昇し反転下落する可能性はあります。
4時間足の切り上げ幅が減少していないため、それに真下にMAも有り、ストンと抜ける確率は低いというか優位性は低いです。
もうちょい停滞して4時間足の高値切り下げ確認とネックを作ったら下抜けは有り得そうです。

1時間足


1時間足は急騰後、前回戻り高値1.19090にタッチし反発下落。
高値安値切下げの下降ダウ形成。

ただすぐには売れそうもなく、逆に真下から4時間足のMAが迫ってきているため、安値が切り上げてくると4時間足→1時間足→15分足の収束拡散でもう一段上昇する可能性もあります。
カギは4時間足の高値切り下げにかかっていると思うので、ちょっとまだどちらかに進むか判断するのは早そうです。

▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTubeサブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。