10月20日(水)【FX】ドル円、ユーロドル、ポンドル相場環境認識『自分の得意な波を取りにいく』

環境認識

Yusukeです。
今日もよろしくお願いいたします。

ドル円の相場環境認識をしていきます。

4時間足


週足
ダウ→【上昇】
MA→【買い優勢】

日足
ダウ→【上昇】
MA→【買い優勢】

4時間足
ダウ→【上昇】
MA→【買い優勢】

逆行要因としては真上の節目114.450と115.050

基本は買い目線で変わらずです。
売りは4時間足の高値が切り下げてMAの下に潜りこむような事になれば検討はしていけそうです。

1時間足


1時間足
ダウ→【上昇】
MA→【買い優勢】

1時間足の上昇幅は減ってきましたが、4時間足以上が強い上昇トレンドを継続しているため、少し下げてサポレジ確認したくらいでは簡単に担がれる相場環境です。
下抜けしてもただのギャンブルです。

ユーロドル

4時間足


週足
ダウ→【下降】
MA→【売り優勢】

日足
ダウ→【上昇】
MA→【買い優勢】

4時間足
ダウ→【上昇】
MA→【買い優勢】

ユーロドルは日足の切り上げで一気に上昇。
ただ真上には1.1663の抵抗帯があり週足のMAと節目1.16949が重なるため、週レベルの売り圧が浴びせられやすい価格帯です。

週足売りと4時間足日足買いに挟まれている形なので、ここから買うというより、一度下がり再度4時間足のMAが近づき日足のMAも本格的に上向きになれば安い価格帯から買いを狙えそうではあります。

1時間足


1時間足
ダウ→【レンジ】
MA→【レンジ】

1時間足は日足の切り上げが決まり上昇後→中段保ち合いで方向感無し。
4時間足と日足上昇転換した場所なので、基本は安い価格帯から買いを狙う戦略で。
売りは現状無しです。

ポンドル

4時間足


週足
ダウ→【下降】
MA→【売り優勢】

日足
ダウ→【上昇】
MA→【買い優勢】

4時間足
ダウ→【上昇】
MA→【買い優勢】

ポンドルは日足の切上後週足の節目1.37735とMAに到達。
基本は買い目線でさすがにここら一帯は複数の時間足が交錯し荒れやすいので、どちらかに抜けてから戦略を立てます。

1時間足


1時間足
ダウ→【下降】
MA→【売り優勢】

1時間足は週足の節目に到達し直近で大陰線を作っています。
週の売りという事は下位足の1時間足→4時間足は安値ネック割れしやすいので高い位置からの買いは上値抜けではなく安値割れの可能性が高まっています。

ややこしいですよね(^^;
ただ相場ってこんな感じですし、その中で自分の得意な波を取りにいくといった感じです。
慣れます。

▼当ブログ、手法まとめサイト
https://fxvietnam.home.blog/
▼note
https://note.com/yunasunakeho
▼YouTubeサブチャンネル(相場分析用)※こちらがメインとなりつつあります
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw
▼有料添削コミュニティ
https://note.com/yunasunakeho/n/n66cc58599894
▼参加無料のFXコミュニティ
https://discord.com/invite/5pxHjYH

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。