【5分で500万円失ってその瞬間から1か月間咳が止まらなくなった話】そこから学んだ今の投資スタイル

Uncategorized


お疲れ様です、Yusukeです。

為替市場が閉まっている土日は正直やることが無いです、早く月曜日が訪れてほしいと思いながらこの記事を書いています。

そして今回のブログのお題なんですが、ちょっとびっくりされた方もいるかもしれません、基本的に僕は自分の勉強したこと、経験した事しか発信しません。

で、この「5分で500万円失ってその瞬間から1か月間咳が止まらなくなった」
これは普通にFX取引していたらまずあり得ない事ですし、初心者の方でもここまでリスクをとってトレードはしないと思うので


<まず結論この失敗から学んだことは>

・手っ取り早い方法を求めれば求めるほど遠のいていく
・メリットばかり謳っている商品は疑ってかかる
・投資する際は必ず入念に調べて、最初はリスクを抑える方法をとる
・誰もが認識した時こそが逃げ時


これは結構当たり前のことと言えば当たり前なんですが、それでも割とやってしまいがちだと思います。

これ、結構なショックでこういう風にネタにしないと勿体ないなと思っていた話で

忘れもしない2017年の11月6日だったと思います
当時はビットコイン価格がうなぎ上りでアルトコイン全盛期

トレードを始めてまだ数か月だったころに乗ってしまったんですよw
大麻の合法化を皮切りに、今後世界的に大麻市場が拡大するからということで

「大麻コインの仕手取引」

に乗ってしまったということです。

そういった情報をもらってから準備期間も少なくて


・FXでは株と違い板という概念が薄く「板情報」を理解できていなかった
・海外の取引所でインターフェースが全て英語

当然情報をもらっても買いが殺到するわけですから、売り手が圧倒的に少ないため
必ず約定するわけではありません。

海外の取引所で全て英語で、しかも準備期間が少なかったせいか
当然取引ツールの操作も当然慣れておらずおぼつかない手つきで手探り状態


これで取引に臨むと当たり前ですが結構ヤバい事になりますw

ここではあえて詳しいコイン名は伏せますが
チャートは月足ですが、この上ヒゲは数分で形成されたものになります
結局バタバタしているうちに赤色の天井で約定して、一瞬で700万円が100万円台になったんですが10BTCが一瞬で1BTCとか2BTCになったと記憶してます。

その瞬間「損切」です

で、次に何が起こったかというと「咳」が止まらなくなったんですよw

平常心を保とうとして黙りこんだのですが、体の中から何かがこみ上げてくるような感覚があって、「ああ、俺は終わった」とその咳は1か月間くらい止まらなくなりました



これがいわゆるプラシーボ効果の反対のノーシーボ効果なのかなと後から知って
要は、強力な思い込みによって自分の体が実際にマイナスの方向に至ってしまう現象です。

元々いけいけどんどん的な面も持ち合わせていたので、今回ばかりは勢いではどうにもならなかったという事です。


今となっては笑い話ですが、その後買いエントリーが苦手になった要因の一つにもなったのかもしれません。


【手っ取り早い方法を求めれば求めるほど遠のいていく】
結局このときは手っ取り早い方法を求めていたんだと思います、当然ただの一般人であり、勉強もしていなかった自分がそういった情報には簡単にはたどりつけないということ。


【メリットばかり謳っている商品は疑ってかかる】
メリットばかり謳っている商品は疑ってかかるというのも本当に勉強になりました、その後仮想通貨のマルチが流行ったと思います、割と勧誘されたんですが彼らの共通していた点は

①実績が乏しい(積み上げが無くその一瞬だけの人もいた)
②【重要】メリットしか言わない


①の場合、著名人や有名な企業も協賛しているということをダシにしていて要は権威性を働かして、専門的な言葉で無意識的に従わせようとしていたことです、確かに話は上手いんですが、どうも投資で上手くいくような性格じゃないよなと、
実績が無いし、結局説明をしている人間も理解してないから中身が無いから伝わってこないんですよ、※感覚になってスイマセン



②は、要はデメリットを説明してもらおうとしても全く関係の無いチャートで説明して根拠が無い場合が多かったです(主に右肩上がりのアメリカ株で説明される)



当たり前ですが、トレードで例えると
どこで買っても、どこで売っても必ず損失を出すリスクが内在しているということです。


【投資する際は必ず入念に調べて、最初はリスクを抑える方法をとる】

これも今思えば当然なのですが、投資という特殊な世界を理解しておらず
勢いでいけば何とかなるという世界では無いということを思い知らされました。

そこから学んだことは、取引する銘柄や通貨ペアに関して徹底的に検証してリスクを抑えてテストしていくというスタイルが大事なのだと、自分の中でルールを決めました。

【誰もが認識した時こそが逃げ時】

これは今のトレードスタイルの原点というか、履歴を遡ってもらったら分かると思うんですが、基本的に僕はトレンド転換の初動を狙うトレードしかやりません。

もしくは買いなら買いが継続するところ、売りなら売りが継続するなるべく早い段階、
これも下位足のトレンド転換なので延長線上の考え方です。

もちろん何の根拠も無しに転換だと決めつけで売買すればいくらでも損失が積み上がるので、まだ気が付いているトレーダーが少ない段階で察知して、見極める必要があります。

とにかくリスクを抑える必要があります、それでも負ける時は全然あるので
伸び切ったところ、落ち切ったところというのは、先に仕込んだ、努力して勉強した投資家の決済を掴まされるということをこのとき深く認識しました。
※実際にすぐにトレードに活かせれるようになったかというとそれはまだまだ先の事です。

ただ単に思い出したくない過去として終わらすのではなく、当たり前ですが反省して何が間違っていたのか突き止めて改善することによって、反対にそれを利用して応用することが可能ですよーという事を少しでも分かっていただけたらなと思います。

※最後に、じゃあどうすれば改善して、それを武器にできるのかというと、以下のnoteで説明しています、またはコミュニティで質問いただければお答えします。
なぜコミュニティなのかというと、同じような悩みを持たれている方の為にもなるべく滞りなくシェアをするためです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

********
【参加無料のトレードの悩み相談コミュニティ】
https://discord.com/invite/5pxHjYH

YouTube(メイン)
https://www.youtube.com/channel/UC_nOBrr5HeLtcwb4QWQYV-Q

サブチャンネル(相場分析用)
https://www.youtube.com/channel/UCiCnj3bFUAFH-sIMSGc93qw

ブログ
https://fxvietnam.home.blog/

note
https://note.com/yunasunakeho

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。